モアサナイト ジュエリーならGYPPHY/ジプフィー。エシカル サステナブルなジュエリーをお届けします。
Gypphyについて
ブランド理念
GYPPHYはカスミソウの学名である『Gypsophila』を由来としております。

カスミソウの花言葉には「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」「感謝」
また西洋では「everlasting love(永遠の愛)」「purity of heart(清らかな心)」「innocence(純潔)」という意味を持ちます。
さらに英語では「ベビーズ・ブレス(Baby’s breath)」と呼ばれ、「赤ちゃんの吐息」、「愛しい人の吐息」を意味します。
花束におけるカスミソウは、主役の花を輝かせ、引き立てるための脇役の花としても有名です。
GYPPHYは、ジュエリーを身につけた人が主役として一生涯輝き、時にはそれが『永遠の愛』の形となる事を願います。
カスミソウの花言葉のように、「清らかな心」「無邪気さ」「幸福」の想いを込めてデザインされたダイヤモンドよりも輝くモアサナイトを皆様にお届けします。
ブランドコンセプト
「Everyday Being Cool and Lovely」

GYPPHYは全ての女性に毎日輝いて欲しいと願い、オケージョンを気にせず豪華なハイジュエリーを
「デイリーとして “格好良く” そして “可愛く” 身に着ける」をコンセプトとしています。
また、もちろんブライダル用としてもご使用いただけるデザインとなっています。
モアサナイトとは
モアサナイトの特徴
モアサナイト の特徴は何といっても輝きです。
その輝きはダイヤモンドの約2.5倍であり、光の屈折率や、物質の光沢は、ダイヤモンドよりもはるかに優れております。
唯一ダイヤモンドが勝るのはその硬度(ダイヤモンドのモース硬度は10)ですが、モアサナイト もモース硬度9.25以上を誇り、ダイヤモンドとの差はほとんどありません。
そして、モアサナイト の価格はダイヤモンドと比べて1/5〜1/50以下と、お客様にとって、お求めやすく、
気軽に日常使いに身につけていただける価格でのご提供が可能となっております。
またGYPPHYのモアサナイトはエシカルなジュエリーでございます。
モアサナイトの歴史
1893年にフランスの科学者であったモアサンがアメリカのアリゾナ州北部に激突した隕石から発見したのがモアサナイトの始まりです。
徹底的な調査の結果その物質は炭化ケイ素(SiC)であり、
ダイヤモンドと同じ炭素(C)を含んでいることがわかりました。
1905年にTiffany & Co. の宝石鑑定士兼鉱物学者であるジョージ・カンズがモアサンの名誉をたたえ
その物質をモアサナイトと名付けました。
このように、天然として存在するモアサナイトは非常に少なく、かつ希少なものでした。
そのため、合成モアサナイトの研究が進められ、最終的に1998年に合成モアサナイトが世界に紹介されました。
当時は技術的に製造は簡単ではなく非常に高価なものでしたが、
現在では技術が進み、価格も安価になりました。
ここ数年でアメリカとヨーロッパではファストファッションからブライダルまで爆発的な人気となり、
ダイヤモンドより高品質なジュエリーとして人気を集めています。
GYPPHYの品質
GYPPHYの扱うモアサナイトは、カラー※、クラリティ、カットともに最上位品質のみ。
また地金は18金(イエロー/ホワイト/ローズゴールド)及びプラチナ(pt950)を採用し、高級感のあるジュエリーに仕上げてご提供いたします。
※ カラー:H~D クラリティ:VS2以上 カット:Excellent以上
カラー
ダイヤモンドのカラーは23段階(D~Z)に分けられ評価されます。
その中でも最上位クラスである、ほぼ無色のH以上に属するダイヤモンドのみをGYPPHYはご提供します。
カット
カットグレードはプロポーション、ポリッシュ、シンメトリーの総合評価によってPoorからExcellentまでの5段階でランク付けされます。
ExcellentはさらにExcellent、H&C EX、3EX H&Cの3つに分けられ、これらは最上位の品質として位置付けられています。
GYPPHYはExcellent以上の最上品質のみをご提供いたします。
クラリティ
内包物などの不純物やキズなどの有無を示す評価で、11段階(13~FL)に分けられます。GYPPHYは内包物の困難が非常に難しいVS2以上の最上位グレードのみをご提供いたします。
GYPPHYの価格
オンライン販売による直売直送によって卸売業者や小売店を通さず、その分の利益をお客様へ還元することで適正な価格(利益)にてご提供を可能にしております。またダイヤモンドを人造ダイヤモンド(ここではモアサナイト)に置き換えることにより、価格を大きく抑えることが可能となりました。